• ホーム
  • ランキング
  • お役立ち情報
  • 口コミ・評判

ランキング

鳥清

  • 販売価格: 4,170円
  • ボリューム:2~3人前
おすすめポイント
  • 究極の鮮度・美味しさ「朝びき鳥」がおすすめ!
  • メディア多数掲載!

京都 錦市場「鳥清」は鶏肉・合鴨肉の専門店です。メディアにも多数掲載されておりおすすめ!初回限定のお得なセット等もご用意されています。

通販ページを見る

雀けん庵

  • 販売価格: 2,420円
  • ボリューム:記載なし

雀けん庵は全国的にもめずらしい『かも鍋』だけの専門店です。 お一人様から大人数まで楽しむことができます。

風味絶佳.山陰

  • 販売価格: 3,980円
  • ボリューム:2人前

鳥取・島根の産直グルメで人気の「風味絶佳.山陰」、鴨肉の旨味を最大限に引き出す無添加の鴨鍋セットが人気です。

鴨鍋が食べたい方へ

鴨鍋を食べる

鍋料理は、人気の料理として日本各地に様々なバリエーションのものがありますが、鴨鍋はその中の1つとして古くから日本人に親しまれてきた鍋です。 そうは言っても、鴨肉自体が地域によってはなかなか手に入りにくく、食べたいと思っても食べる手段が思い浮かばない人も多いと思います。 昔ならいざ知らず、インターネットが広く普及した現在なら、鴨鍋を食べるための情報は簡単に見つける事が出来ます。 ここでは鴨鍋を食べるための手段を紹介したいと思います。

鴨鍋を食べに行く

鴨肉の調達が難しく、家庭で鴨鍋を食べる事が困難な場合は、鴨鍋を外に食べに行ってしまいましょう。 鴨鍋は鴨料理専門店では当たり前に出されている料理です。 鴨料理の専門店を探し出して食べに行くのが、鴨鍋を食べるには最も手っ取り早い方法です。 鴨料理の専門店でなくても、蕎麦屋でも鴨鍋を出しているお店もありますので、そういったお店を探すのも良いかと思います。 なぜ蕎麦屋で鴨鍋を出すのかと言うと、すき焼きの〆がうどんなのと同じように、鴨鍋の〆は蕎麦が定番と決まっているからです。 蕎麦屋のメニューにも、「鴨南蛮そば」や「鴨せいろ」などがあるように、鴨と蕎麦は相性が非常に良い食べ物なのです。

鴨鍋を取り寄せる

あなたが関西に住んでいるのであれば、鴨料理の専門店を探すのは簡単ですが、関東及び東日本に住んでいるのであれば鴨料理の専門店を探すのは難しい事と思います。 なぜなら、鴨料理は東日本ではそれほど一般的ではないからです。 では、そういった地域の人が鴨鍋を手軽に食べるにはどうすれば良いのかというと、それはインターネット通販を利用して『鴨鍋セット』をお取り寄せすれば良いのです。 現在では食料品もインターネット通販で簡単にお取り寄せ出来る時代です。 その品質も確かな物なので、安心して食べる事が出来ます。 『鴨鍋セット』には鍋のダシも一緒に付いてくるので、とても美味しい鴨鍋が簡単に家庭で作れてしまうのです。